about

VVAV - Virtual Variable Acoustic Vendor -

「仮想可変音響ヴェンダー」

音楽家、サウンド・エンジニアとして活動するYuki Ohtsuka (Route09/Root09/Molecule Plane/A.N.R.i.)の作品を販売するネットショップ。ご注文後、通常2日以内に発送します。

WEB SITE: http://push-it-studio.tumblr.com/


Yuki Ohtsuka a.k.a. Route09/Root09/Molecule Plane (Push it! Studio)

1986年生まれ。2011年大阪芸術大学大学院修了。

在学中より電子音響音楽の制作及び多層化立体音響システム「アクースモニウム」の演奏やコンピュータによるライブ・パフォーマンスの活動を開始。現代音楽と尖端的なクラブ・ミュージックのクロスオーバーを強く意識した作品を発表し続けている。2010年の瀬戸内国際芸術祭では「シアターピース in 豊島」へ出演し、CCMC2011では佳作、同2012ではMOTUS賞をそれぞれ受賞。近年ではSILENCE(伊)、Fesitval FUTURA(仏)などの音楽フェスティバルをはじめとしてヨーロッパを中心に作品が上演・放送されている。

また、「Route09」名義でテクノ、エレクトロニカ、ノイズといったジャンルでこれまでに多数のクラブ・イベントやシンセサイザーのワークショップなどに出演する一方、Il y a RecordsやUnnoiselessのコンピレーション・アルバム、USR RecordsからリリースされたスプリットEP(ウクライナ人ノイズ・アーティストDao De Noizeとの共作)などに参加している。

2012年にはエレクトロニカ・アーティストimaとのユニット「A.N.R.i.」を結成。翌2013年にshrine.jpより1stアルバム『All Noises Regenerates Interaction』をリリースしたほか、六本木SuperDeluxeにて開催された東京都主催のイベント「Sound Live Tokyo Fringe 東京都初耳区」では鈴木昭男、灰野敬二両氏と共に出演を果たす。

2014年、「音色と音響の可能性の追求」をテーマにした名義「Molecule Plane」を新たにスタートさせ、2016年に299 MUSICより1stアルバム『Acousticophilia』をリリース。2017年にはステージ空(大阪)にて開催された「Semba KArC vol.4」内でキャリア初のソロ・ライブを成功させ、きょうRECORDSより2ndアルバム『SCHEMATIC』を発表。

サウンド・エンジニアとしても数々の作品にレコーディングやマスタリングを手掛けており、エレクトロニクスを用いた現代音楽のコンサートなどの技術サポートも行っている。

映像作品や企業への楽曲・効果音提供も行っており、これまでに株式会社アケロン、株式会社ハッピーエレメンツ、りそな銀行などが主な実績として挙げられる。

プライヴェート・スタジオ「Push it! Studio」には、ユーロラック・モジュラー・シンセサイザーをはじめ、世界中のマニアックなシンセサイザーやノイズマシンが多数セッティングされており、それらのコレクターとしての側面も持つ。

日本電子音楽協会会員、hirviおよびsynk所属。